2005年06月18日

豆電球との出会い

DSC04359.jpg

10数年前、初めて安田町に住む豆電球なるフォークシンガーを訪ねていきました。
彼は夫婦で確か河川公園を作っていたと思いますが、喫茶店を営んでいること、
昭和初期に父親が経営していた映画館を継いで、いまなお上映していることなど
知りました。

彼は突然、得体の知れない私の訪問に怪訝そうにそして不安げに見つめていました。
以来のつきあいですが、土佐弁で唄う彼の独特の唄に魅入られています。

なんどもコンサート観ましたが、彼はいつも飄々としていて、歌詞を間違えようとも
ピックを忘れようとも常にあたたかいその人柄が愛されているようです。

おらんくの唄は田舎から生まれる
土佐の心意気を唄い続けて欲しいですね。
posted by わくわく村長 at 18:05| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 文化芸能部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4444170

この記事へのトラックバック

大心劇場
Excerpt: きのうは、またまた大心劇場へ、 昼前出発 市川君を挟んで、秀吉さん、3代目 帰り際、秀吉さんが、「今晩飲もう」と駅長に、、、 高知の人間は段取りが、飲むとなったら早い!早い! 一度帰り、うら..
Weblog: 何でも、首を突っ込みたい!
Tracked: 2005-06-18 20:53

行ってきました。
Excerpt: きのうOFFの志村東吾君、駅長とともに、お昼から安田の「大心劇場」に行ってきました。 この川のほとりにあります。 大心劇場 志村君、小松さん、駅長 座席はこんな感じです 特別..
Weblog: 何でも、首を突っ込みたい!
Tracked: 2005-06-18 20:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。