2010年09月13日

またまた

楽しい出会いがありました。

P9132140.jpg

左側のおふたりは、なんと韓国から四国88カ所めぐりをしてます。

右側の方はたびたびこのページに登場しているマイケル君ですが

ぼくは遍路道を完遂したいと2週間前に出発しました。そして

道中で仲良くなったみたいやね。

で本日この町まで歩いてきて泊めて欲しいと頼まれたしだいです。

こりゃあお接待するべきだろうってことで、ご近所にも集まって

もらいました。

P9132142.jpg

わたくしも来月には韓国を旅する予定です。そこへこの方達が尋ねて

来たわけだから、」なんだか因縁みたいなもの感じますねえ。

しかも韓国のおふたりは僧侶なんです。これにはびっくりでした。

当然言葉が通じ合わないわけですが、彼等はそこそこ日本語も喋ります。

ですが、やはり言葉が通じ合わなくなったりするわけで、通訳を

マイケル君がしてくれます。


まず、韓国のふたりに英語で話しかけそれを日本語でマイケル君が

伝えてくれます。ここでちょっとまっておかしいじゃない?英語で

通訳ってどういうことってなりますよねえ。その答えはね

韓国のおふたりはロンドン大学卒業だって・・・だから英語たっしゃ

土佐弁しかわからない僕らには情けない話ですが、いいんです心は

通じ合いましたから・・・ん、ん?微妙やねえわーい(嬉しい顔)

それでも三ヶ国語入り乱れていろいろ学びました。


これがまた楽しかった。なんで外国の大学まで卒業しながらお坊さんに

なりたかったの?四国の遍路道をどうして歩きたかったの?

結婚してないの?などなど矢継ぎ早に質問の嵐です。それらをていねいに

答えてくれました。とっても良い奴です。

お坊さんになりたかった理由は、豊かな心でいたいから人として大切な心

学びたかった。それには仏の道がいいんだと・・

遍路道は自分の宗派が空海と同じだからだそうだ。結婚?韓国の僧侶は

仏門に入ったら生涯結婚してはいけないとか。おせっかいなおばさまは

「もったいない」でしたわーい(嬉しい顔)

彼等は早朝から大日寺めざして歩いていくとか。韓国に行くということで

携帯電話番号やパソコンメールアドレスなど細かく教えてくれました。

無事に遍路道なしとげるとその頃には韓国帰っているらしい。


いやぁいつもそうだけど出会いは楽しいねえ。突然こ〜んなことが起こる

んやからねえ。

なんとかソウルで再会できますように・・・・ねわーい(嬉しい顔)

posted by わくわく村長 at 22:11| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。