2010年01月06日

農作業始め

山は寒い。それでも春に向けて作業はしなくてはならないのだ。

工科大学生たちによる「農援隊」数名が、お手伝いに来てくれた。

静かな山間が活気づくから嬉しい。

今日の作業は、エンドウ豆とそら豆の植え付け作業をおこなう。

トラクターが故障したので、以前耕しかけていたところに植えることに

した。無理でも植え付けなければ、もう間に合わないくらい遅れていた

ので、少しこの畝巾では狭いけど、なんとかなるって感じ。

DSC02349.jpg

学生たちにとっては、初めての作業だから緊張してたみたいだけれど

なかなかのみ込みが早い。

畝をつくり、マルチビニールを張り、穴を開けて種を入れていく。

順調にいけば3月に芽を出し、5月に収穫ってところか。

うまくいけばいいけどねえ。


このあとの作業は残りの畑を耕し、お花畑の完成を目指していく。

そして景観をよくするために、周辺の雑木を切りそのあとに花木を植え

付けたり、果樹畑の整理となかなかやるべきことが待っているのだ。

しかし確実に美しい段々畑が出来るにちがいない。

楽しみだなあ・・


若い人たちと夢を語りながらの農作業は、とにかく楽しい。

元気を分けて頂いて、それを活力に生きていけるこんな幸せはないに

違いない。とにかく感謝です。


春にはまた都会から田舎体験に来るとか。こんな小さな集落に来てくれ

るとは信じがたい話だけど、ありのままの田舎がいいんだねえわーい(嬉しい顔)

posted by わくわく村長 at 23:59| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137600455

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。