2008年11月30日

自主防災訓練


今日は防災訓練の日だ。朝から冷たい風が吹いてちょっと辛い。

でも、災害はいつおこるか判らないので寒いなんていってられないし

これまでは、自分の団地だけの防災組織がお隣の団地と統合され

組織が倍になった関係で、不安を抱えての訓練なのだ。

妙な緊張感もあるよ・・・・


まずは、訓練内容の説明。参加人数は40名ほどだけど、みんな

やるき満々・・いや興味津々といったところ。

みんなきっと、状況が理解しづらかったに違いないけど役割を決め

それぞれがやるべきことを納得・・いや半信半疑の状態でありながら

も始まった。


画像 003we.jpg

訓練内容は、地震が発生し対策本部設置などいち早くおこない、

情報の収集や、避難誘導や怪我人の救護にあたり、その後に

消火訓練、訓練検討会へと続き、最後は講師を招いて身近に

できる災害対策、とくにタンスなどの家具類転倒防止策などの

講義を受けるというもの。


画像 002.jpg 画像 014er.jpg

情報収集された報告が対策本部にもたらされ、避難誘導員たちが

誘導してくる。

さらに、担架を持って怪我人の状態を聞きながら歩けない人を

搬送してくる。そして救護所にて救護班の処置を受ける。


その間、対策本部からは被害状況や病院などへの連絡など

実践さながらに電話をかけるのだ。


画像 016rt.jpg 画像 018ty.jpg

消化器の使用方法も学び、誰かが火事だ〜と叫んでその声の

方向に数人が消化器を持って消火へと走って行く。

いやぁ、初めての訓練にしてはなかなか熱心であるし、みんな

防災意識が備わっているのか真剣であった。


画像 019yu.jpg 画像 066ui.jpg

検討会では、経験したことでの感想、さらに課題へとつながり

防災に対するよりいっそうの心構えが備わっていった気がした。

そして、間違った転倒家具などの知識も加えられ、素晴らしい

訓練だったと感じたよ。

まずは心構え、次ぎには出来ることをひとつでもやっていくことの

大切さを学び、今日の経験をきっと広げていくに違いない。


寒かったけど、とても印象深い訓練だった。

そしてさらに進化した組織作りと、ひとつひとつ訓練の積み重ね

でもって、助け合う精神が備わっていけたらと願う。


そうそう、今日は出番がなかったけど・・この防災組織には

幼・少年防災クラブもあり、子どもたちにも防災意識を高めて

もらおうと頑張ってるんだよ。この次には子どもたちが年末に

夜回りなどしてもらう予定だけど、訓練にも参加してもらう

つもりだし、年齢関係なくみんなで助け合う心を養っていって

ほしいなあ。








posted by わくわく村長 at 22:14| 高知 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その夜回りいつですか?女性消防団員がお供する事は可能でしょうか?なにか協力できることがあれば協力させてください。
広報車もあることですし・・・。

Posted by minao at 2008年12月01日 12:20
応援、ポチ、ポチ。頑張って下さい!!!また来ますね!!!遊びに来てください!!!
Posted by 元塾講師による悩みスッキリ塾!の中里 at 2008年12月06日 23:05
元塾講師さんへ

ありがとうございます。随分寒くなりましたが、ぼちぼち頑張ります。
Posted by わくわく村長 at 2008年12月07日 05:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。