2008年12月24日

夢長屋クリスマス

 昨夜は「夢長屋クリスマス」でした。

今年は小さなお家を建て、イルミネーションで飾りました。

毎年増やしていき公園内に「ミニ夢長屋」ができると

いいなあって思ってます。


DSC05121.jpg

点灯式が終わると、さっそく乾杯です。

も〜ちろん子ども代表が開会宣言と乾杯の音頭とってくれます。

そして、欠かせないのが「豆電球ライブ」ですよ。

新曲を披露しながら、元気いっぱい唄ってくれました。


DSC05126.jpg DSC05137.jpg

子どもたちも楽しそうです。

そして、とうやくさんです。家族で参加してくれました。

当然、うどんを打ってくれます。とにかく彼のうどんは美味い。

これが楽しみなんですよ。だからあまえてますが、み〜んな

黙って食べます。やっぱり美味いものはそうなりますねえ。

ありがとうございました。

DSC05150.jpg DSC05163.jpg

さらにサンタクロースも登場し、プレゼントが渡されますと

もう子どもたちは飛び上がらんばかりに喜んでます。

その後ビンゴゲームがあり、大興奮です。景品にわたくしが

育てた白菜とキャベツがありましたが、なんととうやくさん

一家が嬉しそうに持って帰りました。

うれしいねえ・・・。

DSC05154.jpg DSC05155.jpg

初めての方がいます。ニュージーランド出身のジュリアさんです。

マイケルたちと並んでパチリ。しっかりカメラに納めて

いただきました。ごらんの通り私も元気ですよ。


DSC05152.jpg DSC05148.jpg

今年のクリスマス。遠くカナダからプレゼントありました。

私がかぶっている帽子。これは今年の春に帰国したジャスティン

から贈られたモノですが、こ〜んな帽子が欲しかったけれど

なかなか手が出なくて買えなかったから、ほんと飛びあがらん

ばかりに喜びましたよ。うれしいなあ。


情けないことにカードに書かれてある文字が読めな〜い。

ということで、マイケルにみんなの前で読んでいただきました。

そりゃあもう感激で言葉が伝わると喜びも倍増です。

ちょっと英吾も勉強したくなりましたねえ。とりあえずお礼の

手紙書かなきゃねぇとわくわくしてます。


とても思い出深いクリスマスとなりました。ありがとうわーい(嬉しい顔)
posted by わくわく村長 at 09:36| 高知 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

映画を楽しむ

12月14日、弁天座にて映画「忠臣蔵」上映される。

この日は映画鑑賞に来てくれた方々に、弁天座の雰囲気を楽しんで

もらおうと関係者が扮装して出迎える。


DSC05085.jpg

も〜ちろんわたくしも受付嬢の奥方たちに囲まれてウキウキ。

私の役は吉良上野介でした。なんとまあ色黒でやや病的な顔

ですが、それでも良く似合ってると言われ満足です。

    DSC05070.jpg 


さらに、黄門一座からも助っ人が入りワイワイがやがや。

DSC05078.jpg DSC05057.jpg

映画は50年前の作品とあって高齢者の方々が懐かしんでくれ

ましたが、なかには「良かったすごい映画や」と感無量といった

感じで感激していましたよ。


実は会場から出てくる際に我々が並んで見送るわけですが

な〜んと雪が降ってるわけですよ。

もちろん機械仕掛けですが、これにはみんなびっくりですし、

ここまでやる地元の心意気に感動していましたねえ。

映画を楽しむ。弁天座の良さを味わう。

ちょっとした演出で丸ごと楽しめた感じでした。「いやぁ映画って

いいもんやねえ」「弁天座って楽しいねえ」って最後は賑やかに

打ち上げしました。


まだまだ続く弁天座。お正月も楽しくおもちついたりして

なんかやるらしいし2月にはまたまた映画上映するそうです。

次の作品はって・・また詳しくお知らせしま〜すわーい(嬉しい顔)



posted by わくわく村長 at 07:01| 高知 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

忠臣蔵

冬の夏祭りでは、弁天座で上映される映画の宣伝をしたのですが

その映画とはこれ、「忠臣蔵」です。


DSC05052.jpg

       12月14日(日)

   午後12:30 15:30 18:30

 の3回上映です。

  前売りは 1,000円 当日は 1,300円となってます。


   お問い合わせは 弁天座0887-57-3060までどうぞ。


師走といえば「忠臣蔵」。これまで映画やドラマと数知れないほど

演じられてきたけど、なかでもこの長谷川一夫主演の作品がもっとも

印象深いとか。

超多忙な師走だと思いますが、懐かしい作品を弁天座でじっくりと

鑑賞しませんか。お待ちしています。
posted by わくわく村長 at 07:49| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

冬の夏祭りに

12月6〜7日、もうすっかり師走の風物詩となった赤岡町の

「冬の夏祭り」が開催された。

朝からめちゃ寒くて、北の山では雪が降っているとか・・

そんな寒さもどこ吹く風で、この町の人々はと〜っても元気です。


DSC05035v.jpg

それぞれが自由に楽しんでます。遊んでます。

歌ってます。踊ってます。大声で笑ってます。歩いていくと

声かけてくれます。「おひさしぶり〜」「元気じゃねえ〜」

なんだかホッとします。


   DSC05036c.jpg    DSC05016.jpg

わたくしは本日、映画上映の宣伝にまいりました。

も〜ちろん大石内蔵助に扮し、腰元ふたりを連れてビラ配りです。

いやはやもう「写真撮らせてください」「一緒にお願いします」

とかで、すっかり良い気分ですよ。


途中で餅つきまで参加したりして、その楽しさに腰元さんたちは

「この祭り楽しい〜」「赤岡ってすご〜い」とやや興奮気味。

   DSC05014b.jpg      DSC05018n.jpg

夕方になると、何百かのお地蔵さんにローソクが灯されます。

あたりがすっかり暗くなると、より幻想的になりおもわず

手を合わせたくなりました。

この催しは今回が初めてですが、路地の各家庭前にもガラスビン

に入れられたローソクが灯され、みんなで作る祭り、みんなで

楽しむ祭り感がうれしかったなあ。


   DSC05039x.jpg     DSC05046z.jpg

幻想的なお地蔵さんたちを見ていると、まるでおばばの見送りって

気がして、そっと手を合わせ、在りし日のおばばを偲びました。

おばばとは、赤岡町を支えてきた伝説の人。

若い頃からずっと可愛がっていただき、たいへんお世話になって

きましたが、一週間前に旅立ってしまいました。

いつもなら、横町を乳母車ついてにこにこしながらこの祭りを

楽しんでいたのに、もう会うことができないのですねえ・・

ほんとうに残念でなりません。

いまはただご冥福を祈ると共に彼女の意志を少しでも受け継いで

いけたらと思います。

町をこよなく愛し、人を大切にし、時にがんとした姿勢で一歩も

引かない強さでのぞみ、何事もなかったかのようにニコニコと

している姿に多くのことを教わりました。


心を込めてありがとうと手を合わせた冬の夏祭りでした。
posted by わくわく村長 at 07:19| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。